iDaaS

🤔 この用語について(by ChatGPT)

iDaaS(Identity-as-a-Service)は、ユーザーが自分だと主張する人物であることを検証するためのクラウドホスト型サービスを指します。iDaaSは、SaaS(Software-as-a-Service)の一種であり、主にクラウド上で提供されるさまざまなアイデンティティおよびアクセス管理(IAM)サービスに関連しています。

iDaaSの主な機能は以下の通りです:

  1. 多要素認証(MFA): ユーザーの身元を確認するために複数の認証要素を使用すること。例えば、パスワード入力に加えて、ユーザーが自分のラップトップにUSBデバイスを挿入する必要がある場合などがあります。
  2. シングルサインオン(SSO): ユーザーが単一のポータルに一度サインインすることで、複数のSaaSアプリケーションにアクセスできるようになり、企業はユーザーがアクセスできるアプリケーションを一元的に管理できます。
  3. アイデンティティ管理: アイデンティティプロバイダ(IdP)がユーザーのアイデンティティを保存および管理し、ユーザー名とパスワードの組み合わせやその他の要素をチェックすることもあります。

iDaaSサービスの代表的なプロバイダーには以下のような企業があります:

  1. IBM Identity and Access Management
  2. Microsoft Azure Active Directory
  3. Okta
  4. VMware
  5. PingIdentity
  6. One Login
  7. Ipsidy
  8. Ubisecure
  9. Google Workspace
  10. Oracle Identity Cloud Service

これらのiDaaSプロバイダーは、企業が情報セキュリティを強化し、リスクを管理するための多様なソリューションを提供しています。多要素認証、シングルサインオン、アイデンティティ管理などの機能は、特にリモートワークが普及する現代のビジネス環境において重要な役割を果たしています。これらのサービスは、ユーザーのアイデンティティを安全に管理し、不正アクセスやサイバー犯罪から保護するために不可欠です。

📁 関連づいたドキュメント