ビジネスIT

🤔 この用語について

ChatGPT

「ビジネスIT」(Business IT)という用語は、企業や組織において情報技術(IT)がビジネスの目標や戦略の達成を支援するために使用されることを指します。この用語は、以下のような意味合いで利用されることが多いです:
  1. ビジネス目標の達成を支援:ビジネスITは、企業の業績向上、生産性の改善、コスト削減、顧客サービスの向上など、ビジネスの目標達成に直接貢献する技術戦略やソリューションを提供します。
  2. ビジネスプロセスの最適化:業務プロセスを自動化したり効率化するために、適切なITツールやシステムを導入し管理します。これには、ERP(Enterprise Resource Planning)システム、CRM(Customer Relationship Management)ソフトウェアなどが含まれます。
  3. データ分析と意思決定の支援:ビジネスITは、データの収集、分析、および活用を通じて、より情報に基づいた意思決定をサポートします。
  4. 技術とビジネスの統合:ビジネスITは、技術的な観点とビジネスの観点を統合し、ビジネスのニーズに合ったIT戦略を策定します。
  5. イノベーションと市場適応:新しい技術の導入を通じてイノベーションを促進し、市場の変化や競争環境に迅速に適応することを支援します。

「ビジネスIT」は単に技術そのものではなく、その技術がビジネスの成果をどのようにサポートするかに焦点を当てた概念です。したがって、この用語は、IT部門が単に内部的なサポート機能を果たすだけでなく、ビジネスの核心的な戦略的パートナーとして機能することを強調します。

  1. ビジネスITの目的は、ビジネス自体の生産性向上や新しいビジネスモデルの構築です。
  2. 例えば
    1. セールスフォースやHubspotなどのCRM、ZendeskやIntercomやChanneltalkなど、HormosやherpなどATSなどなど、従来より生産性を高めるSaaSを活用する事
    2. セールスフォースを使うだけではなく、プロダクトで習得した顧客に関するデータや、インターネット上の情報などをいい感じにセールスフォースに連携して、セールスフォースを見るだけで顧客の状況などを把握でき、早期アクションに繋がる仕組みにしていくことや
    3. 上記と同様に得られたデータなどをもとに、LLMなど活用して商談資料を顧客に合わせて自動生成していく事で、効率化することや
    4. 顧客からの問い合わせを、エンジニアなどに質問しなくても簡単に答えられる仕組みをつくること
    5. 上記のように、社内に存在する情報やデータだけではなく、社外に存在する物なども含めて、「情報」をうまく使える状態や仕組みにしていく事で、様々なビジネス活動を効率化する

📁 関連づいたドキュメント

📝
2024年。何を考えているか