トランクベース(開発)

🤔 この用語について

ChatGPTに整理してもらいました。

トランクベース開発(Trunk-Based Development, TBD)は、ソフトウェア開発のためのブランチング戦略の一つです。このアプローチでは、全ての開発作業が単一の「トランク」(通常はmainmasterブランチ)から行われ、長期間にわたる分岐ブランチ(feature branches)の使用を避けます。ここでは、トランクベース開発の主要な要素とベストプラクティスについて詳しく説明します。

トランクベース開発の主要な要素

  1. 単一のトランクブランチ:
    • 開発者は全員、単一のトランク(main/masterブランチ)で作業を行います。
  2. 短命のフィーチャーブランチ:
    • 必要に応じて、短命のフィーチャーブランチを作成します。これらのブランチは、数日以内にトランクに統合されることが期待されます。
  3. 頻繁なコミットとプッシュ:
    • 開発者は頻繁にトランクにコミットし、変更をプッシュします。これにより、コードベースが常に最新の状態を保ちます。
  4. 継続的統合(CI):
    • コードがトランクに統合されるたびに、自動化されたテストが実行され、ビルドが行われます。
  5. フィーチャートグル:
    • 未完成または実験的な機能は、フィーチャートグルを使用して隠すことができます。

ベストプラクティス

  1. 小さな変更:
    • 小さな変更を頻繁にトランクに統合することで、大きなマージの複雑さを避けます。
  2. コードレビュー:
    • 開発者がトランクに変更をプッシュする前に、コードレビューを行うことが推奨されます。
  3. 自動化されたテスト:
    • 高品質の自動化されたテストスイートを維持し、CIプロセスの一部として組み込みます。
  4. 継続的デリバリー(CD):
    • トランクが常にデプロイ可能な状態を保つことで、継続的デリバリーを実現します。
  5. フィーチャートグルの使用:
    • 実験的な機能や段階的なリリースには、フィーチャートグルを活用します。

注意点

  • コミュニケーション:
    • 開発チーム間のコミュニケーションは、頻繁な変更がトランクに統合されるため、非常に重要です。
  • 変更の管理:
    • 小さな変更を迅速に統合するための管理が求められます。大規模な変更は、小さな部分に分割して扱うことが望ましいです。

トランクベース開発は、特に大規模な開発チームや、頻繁なリリースを必要とするプロジェクトにおいて、効率的なコード統合と品質維持のための強力なアプローチとなります。この戦略を適切に実施することで、マージの複雑さを減らし、開発の速度と柔軟性を高めることができます。

📁 関連づいたドキュメント