📎

Products Eye/愛 を生み出そう

Date
February 19, 2024 10:35 PM (GMT+9)
Private
用語

TOP📎クリップ

📝
また見返す可能性の高い記事を 📎クリップ しています。

📎 クリップした記事

Products Eye/愛 を生み出そう - Scrum Fest Niigata 2024

エンジニアとして頑張っているあなたにこそ、聞いてほしい。 あなたの目線、どこに向いていますか? ※あえて波紋を投げかける話をします ※ふりかえりの話は一切しません モノを作っていると、チームメンバー、上司、ユーザーといろんな人と話をしているときに「おやっ?」と思うタイミングってありませんか? プロダクト開発をしていて、こんな経験はありませんか? よかれと思ってプロダクトバックログに追加したものが、プロダクトオーナーに全然納得されなかった 顧客の声を聞いてプロダクトを開発していて作っていたはずなのに、運用がきつくなるだけで何も変わった気がしない 特定の手法・フレームワークを取り入れて、プロセスはいい感じに回せているのに、周囲が評価してくれない テストが網羅的じゃない!と思って、テストケースの追加を提案したのに、周りに理解がされなかった これらの「理解されない」「納得されない」「評価されない」という声は、周囲と向いている方向・見ている目線が違うことに起因している可能性が多分にあります。 スクラムフェス新潟に参加している人はエンジニアの方が多いと思いますが、事業はエンジニアリング領域だけでは成り立ちません。自身の領域に閉じこもらず、周辺の領域にも目を向けることで、こうした悩みにも立ち向かいやすくなるでしょう。 本セッションではあなたに問いを投げかけます。「あなたの目線はどこをみて仕事をしていますか?」   製品目線・ユーザー目線・顧客目線 プロダクトを作るときに、どのような視点・目線でプロダクトに向き合っているでしょうか。 製品目線:機能を作りこみ、素晴らしい製品を作り上げる ユーザー目線:無料・有料に関わらず、ユーザー自身が満足してくれるような、満足度の高い製品を作りこむ 顧客目線:プロダクト・サービスを買って使ってくれるお客様や、その決裁者が「投資対効果に見合う」と思える ほかにも、いろんな目線があります。 ※あくまで本セッションでの定義です 3つの目線の違いを例に挙げてみましょう。 製品目線:ファイルアップロード機能で今までpng, jpgの拡張子に対応していましたが、bmp, icoにも対応します ユーザ目線:ファイルアップロードできる拡張子が増えます 顧客目線:ファイルアップロードできる拡張子が増えます、拡張子は制限もできるようになります みなさんがPOだとしたとき、また、お客様側の決裁者だとしたとき、嬉しいのは何ですか? いらないのは何ですか? 「よかれ」と思って追加した機能が、色々なリソースを圧迫し、結果的に価値を生まない、というのはよくある話です。こうした悲しい話が生まれてしまうのも、周辺の領域を見ることで防げる問題ではあります。   周辺領域に目を向け、Products Eye/愛 を生み出そう 本セッションで話すのは、「プロダクト」におけるエンジニアを取り巻くビジネスの全体像と、エンジニアの周辺にどんな領域があるのか、です。 登壇者たちのチーム「オキザリス」のビジネスを題材にしてお話しますが、プロダクト型の開発・事業をやっている人であれば何かしら掠る部分はあるでしょう。 プロジェクト型の事業をやっている人達にも、ビジネスに対しての向き合い方を見つめなおすきっかけになることでしょう。 このセッションを通じて、皆さんの Products Eye/愛 が 広まり/深まることを願っています。 ※このセッションは、ふりかえりの話じゃなくてテスト・検査&ビジネスの話をしようシリーズ第三弾です。 過去のセッションの内容・ボードを見ると、より楽しめます。 2022 セッション概要 発表資料(Miroボード) 2023 セッション概要 発表資料(Miroボード) 2024:Products Eye/愛 を生み出そう

Products Eye/愛 を生み出そう - Scrum Fest Niigata 2024

🏷️ タグ

🗞 登場した用語まとめ

TOP📎クリップ