トスカーナ

🤔 この用語について

トスカーナワイン ~おすすめワイン銘柄から歴史まで徹底解説 | アカデミー・デュ・ヴァン ブログ

花の都フィレンツェにピサの斜塔、世界遺産の古都シエナと観光スポット満載のトスカーナ。一方で、ワインの銘醸地としても、北に南にどこへ行っても美味しいワインがいっぱい!これは知っておきたいという内容に絞って、ご紹介します。 しっかり読めば、代表的なブドウ品種やワインはもとより、その背景にある歴史や登場人物までも深堀して、ソムリエを超える知識をものにできる内容です。レストランのワインメニューなど恐れるに足りず、自分の好みの一本を上手く探せるようになります。 【目次】 意外に簡単!トスカーナワインの品種と産地の基礎 やっぱり主流は赤ワイン ① キャンティとキャンティ・クラシコ そもそもなにが違うの? ② 王様ワイン ブルネッロとモンテプルチアーノ ③ サッシカイアとスーパー・タスカン トスカーナの高貴なる白ワイン ① 聖なるワイン ヴィン・サント ② 白ワイン最高峰 ベルナッチャ・ディ・サンジャミアーノ トスカーナワインの当たり年・飲んでみたいヴィンテージ いつか遊びに行きたい!トスカーナのワイナリー トスカーナワインのまとめ 1. 意外に簡単!トスカーナワインの品種と産地の基礎 産地の特徴 西のリグリア海、ティレニア海沿岸は温暖な地中海性気候。内陸に行くにしたがって、大陸性気候の影響が強くなり、北アペニン山脈の影響も受けます。内陸は丘陵地帯が大半で150mから550mほどの高地でのブドウ栽培です。最近の温暖化の影響で南部のブルネッロでは600mの栽培高度の上限が解除されました。土壌は、粘土、泥灰土を帯びた砕けやすい瓦礫質のガレストロと粘土石灰質のアルベリーゼは憶えておきましょう。 一方、海岸沿いの北マレンマでは栽培をするのは主として平たんな土地となります。昔は湿地帯でしたが、20世紀前半に干拓されて、その後スーパー・タスカンの聖地となったわけです。土壌はさまざまですが、サッシカイアでは砂利質が有名です。過去の干拓の歴史と重なってボルドーを思い起こさせませんか? ブドウ品種 トスカーナの栽培面積の過半は黒ブドウのサンジョヴェーゼです。

トスカーナワイン ~おすすめワイン銘柄から歴史まで徹底解説 | アカデミー・デュ・ヴァン ブログ

トスカーナのワイン当たり年は以下のとおりです。 次点で「1985」「1990」「1998」「1999」「2001」「2003」「2004」「2007」「2008」「2012」「2013」「2018」「2019」のワインが評価が高いです。

📁 関連づいたドキュメント

ポデーレ・モナステロ ラ ピネタ / Podere Monastero La Pineta